News
葉の上にあるカプセル

ピルは体内の女性ホルモンのバランスを変えることで排卵を抑制し、妊娠しないようにする避妊薬です。
服用すると今までの自分本来の体内の女性ホルモンのバランスが変わるため、副作用が起こることがあります。
ピルの副作用として多く報告されているのが腹痛、腰痛、吐き気、むくみ、胸の張り、頭痛、倦怠感といった症状です。
昔は現在のものよりも女性ホルモンの濃度の高い中用量ピルが利用されていたためこれらの副作用が起こりやすいものでしたが、現在は最低限の効果が出るほどに女性ホルモンの濃度を低下させているため、これらの副作用が起こることは少なくなっています。
これらの副作用が出た場合、1~2シートほど服用を続けることでピルの女性ホルモンのバランスに身体が慣れてくるためほとんどの場合で症状が軽減したりなくなります。
ピルの副作用で太るという人もいますが、その多くは身体がホルモンの影響で水分をため込むようになってしまうことで起こるむくみです。
稀にピルを服用することで生理痛やPMSといった体調不良が軽減されて体調が良くなるため、食欲が増してしまって太るという人もいます。
一番重大な副作用とされているのが血栓症です。
女性の身体はピルを服用することで偽妊娠の状態になっていますが、出産時などに出血があるとそれを止めるために妊娠中は血液が凝固しやすくなってします。
その作用によってピルを服用している時にも血液が凝固しやすくなってしまい、血液中でできた血栓が肺の血管に詰まって肺血栓や脳に詰まって脳梗塞、心臓に詰まって心筋梗塞などの命に関わる重大な症状が出てくることがあります。
他にも足がしびれるなどの症状が出ることもあるので、そのような症状が出た場合には医療機関の受診を行いましょう。

記事一覧

今の時代では、多くのカップルが性交渉に発展するような関係であり、愛情を確かめ合う行為として性交渉が普...

ピルというと、アフターピルなど、性交渉に失敗してしまった際に、妊娠を防ぐために使われるお薬、このよう...

殺精子剤とは、性交渉を行う前に、精子を殺す作用を体に入れるお薬のことです。 この殺精子剤は体に入れる...

ピルを服用した前後には、生ビールなどのアルコール類は、飲むことは構わないのでしょうか。 特にお薬を飲...

ピルとは女性側が使用する避妊用の薬であり、女性ホルモンに作用して排卵日などを鈍らせることができるよう...

ピルに限らず薬には必ず副作用があります。 個人差があるのでまったく感じない人もいれば、激しい副作用の...