• ホーム
  • ピルは体調が悪くても飲まなくてはいけない

ピルは体調が悪くても飲まなくてはいけない

若い女性

ピルとは女性側が使用する避妊用の薬であり、女性ホルモンに作用して排卵日などを鈍らせることができるようになっており、これによって妊娠を防ぐことができるようになっています。
そのためなかなかコンドームを付けない男性との性交渉やコンドームを付けていてもしっかり避妊したいという場合に利用されることが多く、避妊対策以外にも生理痛や月経不順の治療薬として利用している人も少なくないとされています。
そんなピルは女性ホルモンに作用する薬となっているため、人によっては服用することによって体調を崩してしまうという人もいます。
また、薬であることから副作用を起こしてしまうという人もおり、そのような状態になってしまったらピルの服用を自分の判断で中止するという人もいるようです。
そのような人たちからすれば、体調不良を起こしてまで飲む必要があるのか、ということらしいのですが、実際には服用を中止しても大丈夫なのでしょうか。
結論から言えば自分の判断で勝手に服用を中止することは望ましいことではなく、あくまで薬であることから体調不良などの副作用が出た場合はかかりつけ医などに相談して服用する量を調整するというのが正解となっています。
というのも、ピルによって調整されている女性ホルモンは安定している状態となっていることがほとんどであり、それを中止することによって大きくホルモンバランスが崩れてしまう可能性が懸念されています。
また、勝手に中止して性行為をしてしまうと妊娠する可能性もあります(後からアフターピルを飲めばいいやという考えは危険です)し、ピルの効能や続けていた期間が全てムダになってしまう可能性が高くなります。
このようなことから体調不良を起こした場合は医者に相談し、勝手に中断しないようにすることが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧