• ホーム
  • ピルの副作用は飲んでいくうちになくなっていく?

ピルの副作用は飲んでいくうちになくなっていく?

たくさんの薬を持つ人

ピルに限らず薬には必ず副作用があります。
個人差があるのでまったく感じない人もいれば、激しい副作用の症状に苦しむ人もいます。
日本では低用量ピルが認可されるまではホルモン量の多い中高用量ピルが処方されていて、強い副作用を訴える人が多くいました。
今はトリキュラーなど低用量のものが認可され、以前よりも大幅に副作用が軽減されています。
しかし、低用量ピルにまったく副作用がないわけではありません。
ピルによって引き起こされる副作用の原因としてはホルモン環境への不適応にあると考えられます。
服用することによって今までの体内のホルモン環境が異なるものに変化していき、その変化に体が反応して不快な症状等を引き起こしてしまいます。
主な副作用の症状としては吐き気、頭痛、血栓症、体重増加などが上げられます。
初めて服用した人は、開始初期にこのような副作用を引き起こす場合があり注意が必要になります。
ですがこの副作用の症状は一時的なもので、体が新しいホルモン環境に慣れていけば次第に収まっていく場合が多いのです。
なので初めは副作用がでても、服用を続けていくうちに症状が落ち着き快適なホルモン環境へと整っていくというわけです。
ピルによるホルモン環境の変化は、体には良いことがたくさんあります。
例えば生理痛、月経不順の改善やお肌のトラブル改善、病気のリスク、避妊などがあり不調や悩みを抱える女性にはとても力になる薬と考えられます。
極めて安全性の高いピルですが、なかなか副作用の症状が収まらなかったり、耐えられない程の症状がでてしまったら無理をせず医療機関に相談し、自分にあった薬を他に探すなどの対策が必要です。
病院では検査をして体質にあったものを処方してくれるので一度受けてみたほうがいいと言えるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧